読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いいことあるかも。

元不登校。現女子大生。毎日今を楽しく過ごしています。

都内当日すぐに名刺が欲しい!お勧めの印刷所。

急ぎなのに名刺が切れていた!

ぎりぎりまで作るのをさぼっていた!

都内当日印刷受取最速15分などで検索すると・・・・

なんと100部で5900~9800円もする!

高すぎ。。。

そんな方にお勧めなのは 秋葉原制作所

秋葉製作所は

アクセスが良いです。

しかも営業時間が 月~木 11~23時。金土日24時間営業。

習い事のあとでも、残業後でも、飲み会後でも、

会社に行く前にも、打ち合わせの前にも、学校の前にも

いつでも立ち寄れちゃうんです!

データ持込み、両面フルカラー名刺は

前に人がいない場合はなんと10分ほどで100枚刷ることができちゃいました。。。

 

そして価格はなんと

印刷のみコース400円+名刺代1922円 = 2322円!

印刷所の当日最速料金の半額でした。。。

 

お急ぎの方、ぜひ訪れてみてください!

 

www.seisakujo.com

自分を変えるために、フォローする人を変える。

みなさん使っているTwitter

身内の愚痴・喧嘩広場になっていませんか?

Twitterには様々なユーザーが居ます。

中には業界の重鎮達もいます。そんな方が、誰でも見れるツイッターで情報発信しているなんて、見逃せませんよね。

私はクリエイターなので、

積極的にクリエイティブに関わるアカウントをフォローしています。

たとえば、美大受験生時代は受験先の大学に通うアカウントをフォローして過去ログをたどり、受験期の作品などを見て参考にしました。

クリエイティブ系の会社に就職活動する際も、ポートフォリオサイトなど探してみるとよいと思いました!

積極的に情報収集しましょう!

画力をつけるただ一つの方法。

絵がうまくなりたい人!

そんな方に私が伝えたい、画力をつけるただ一つの方法。

それは画塾に通うことです。

画塾には絵を数十年描き続けてきたような年配の方から美術大学を目指す学生

さまざまな人がいます。

画塾で画力を養い、その力を何に使うかは人によって様々です。

そんな人達と交流するうちに発見が必ずあるでしょう。

そんな多彩なひとたちに出会い、比較し、上達していく空間がそこにあります。

まずは近所の画塾を探しましょう。

そして未経験でも、下手でもいいんです。絵に敷居なんてありません。

まずは通ってみましょう。

不登校の子どもとの向き合い方

子供が不登校だと自分まで人付き合いや出歩くことが少なくなったりしていませんか?

子供は子供の人生。あなたはあなたの人生です。

距離を置くことで冷静に対処できるようになるでしょう。

そしてあなたが楽しく生きている姿を見て、

外の世界に興味を持ってくれるかもしれません。

共倒れはよくありません。まずは自分のこと、それから支えてあげましょう。

不登校になるきっかけにもなった親からの言葉

私は親が転勤族で、幼少期から海外国内含め移住を繰り返していました。

言葉の発達が遅れたため、友人を作ることが難しくなり

家でひとりあそびをすることが増えました。

中学になって受験競争がはじまると、案の定ついていけず。

塾に通い始め、根詰めたのが最後。

親に上がらない成績を責められ、完全に自信をなくしました。

成績があがらない=自分の才能がない と思っちゃったんですね。

今思うと、その固定観念がどれだけの機会と時間を無駄にしたか…

とも思ってしまいますが、笑

その偏りが今の自分らしさを形成しているので良かったのかも?と思えます。

不登校の子供を持つ親御さん方がいらっしゃいましたら、

大変多様な難しい問題ですが、

どうかお子さんを信じてあげてください。

私は成績が上がらない時に親に「お前はできる」と信じてほしかったと思います。

実際は「お前は馬鹿だ」「落胆した」等否定され、放置されました。

どんな状況でも、お子さんの才能を信じることをやめないでくださいね。

そして自信を取り戻す機会を、きっかけを作ってあげてほしいとおもいます。

習い事でも、遊びでも、なんでもいいとおもいます。

おもいっきり打ち込めることを共に、けど一歩身を引いて

見つけていってください。

中学校不登校の私が高校で自分らしさを手に入れた理由

私は親が転勤族で、幼少期から海外国内含め移住を繰り返していました。

小学校・中学校ともずっと不登校

そんな私が高校に入り自分らしさを手に入れた理由。

それは単位制高校だったからです。

もちろん引きこもりが受験する気力なんてありませんでしたので、定時制です。

単位制高校は自分でこの授業を選択し、最後まで受け続ける意志がないと卒業することができません。

代わりに、最低限の必修科目を選べば、好きな学問を思うがままに探求できます。

頭が出たら押さえつけるような教育ではなく、

ルールの中で自分の意志を持ち課題をクリアしていく習慣がつきます。

それは大学、そして社会に出てからも役立つ考え方だと思います。

面接の時に単位制高校だった経験、そしてこの思考がとても役立っています。

つらい時はしっかり休んで、

少し元気がもどってきたら外にでて、コンビニに行ったり、知らない街を歩いたり。

気が向いたら、やりたいことを見つけるために学校に行ったり。

自発的にやりたいと思うことをみつけていってくださいね。

筆者プロフィール

幼稚園~小学校ほぼ不登校

中学も1年通ったのち不登校

高校生、持ち直す。

浪人、つらくもやりたい事に向き合った。

現女子大生。

新しく、そしてようやくスタートした。

何度も生きるのをやめたいなと思った。

でも、今生きててよったと思う瞬間はきます。

不登校、疲れた、浪人、死別、、こんなワードでたどり着いた方。

はたまた、そんな方のご両親。

ももものぼやきを見て、

あ~こんな人もいるんだな。と思って

そんな人でも今は充実した日々を過ごせているんだと

お伝えしたいです。