読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いいことあるかも。

元不登校。現女子大生。毎日今を楽しく過ごしています。

不登校になるきっかけにもなった親からの言葉

私は親が転勤族で、幼少期から海外国内含め移住を繰り返していました。

言葉の発達が遅れたため、友人を作ることが難しくなり

家でひとりあそびをすることが増えました。

中学になって受験競争がはじまると、案の定ついていけず。

塾に通い始め、根詰めたのが最後。

親に上がらない成績を責められ、完全に自信をなくしました。

成績があがらない=自分の才能がない と思っちゃったんですね。

今思うと、その固定観念がどれだけの機会と時間を無駄にしたか…

とも思ってしまいますが、笑

その偏りが今の自分らしさを形成しているので良かったのかも?と思えます。

不登校の子供を持つ親御さん方がいらっしゃいましたら、

大変多様な難しい問題ですが、

どうかお子さんを信じてあげてください。

私は成績が上がらない時に親に「お前はできる」と信じてほしかったと思います。

実際は「お前は馬鹿だ」「落胆した」等否定され、放置されました。

どんな状況でも、お子さんの才能を信じることをやめないでくださいね。

そして自信を取り戻す機会を、きっかけを作ってあげてほしいとおもいます。

習い事でも、遊びでも、なんでもいいとおもいます。

おもいっきり打ち込めることを共に、けど一歩身を引いて

見つけていってください。