読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いいことあるかも。

元不登校。現女子大生。毎日今を楽しく過ごしています。

中学校不登校の私が高校で自分らしさを手に入れた理由

私は親が転勤族で、幼少期から海外国内含め移住を繰り返していました。

小学校・中学校ともずっと不登校

そんな私が高校に入り自分らしさを手に入れた理由。

それは単位制高校だったからです。

もちろん引きこもりが受験する気力なんてありませんでしたので、定時制です。

単位制高校は自分でこの授業を選択し、最後まで受け続ける意志がないと卒業することができません。

代わりに、最低限の必修科目を選べば、好きな学問を思うがままに探求できます。

頭が出たら押さえつけるような教育ではなく、

ルールの中で自分の意志を持ち課題をクリアしていく習慣がつきます。

それは大学、そして社会に出てからも役立つ考え方だと思います。

面接の時に単位制高校だった経験、そしてこの思考がとても役立っています。

つらい時はしっかり休んで、

少し元気がもどってきたら外にでて、コンビニに行ったり、知らない街を歩いたり。

気が向いたら、やりたいことを見つけるために学校に行ったり。

自発的にやりたいと思うことをみつけていってくださいね。